• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

認知症について

DC博士のワン・ポイント

若年性認知症について

はじめに

若年性認知症とは?

 認知症は「物忘れ」という症状を起こす病気全体の総称で、一般的には高齢者に多いのですが、65歳未満で発症した場合には「若年性認知症」とされます。
 高齢者であっても若年者であっても、病気としては同じであり医学的には大きな違いはありませんが、「若年性認知症」として区別するのは、この世代が働き盛りであり、家庭や社会で重要な役割を担っているので、病気によって支障が出ると、本人や家族だけでなく社会的な影響が大きいためです。
 本人や配偶者が現役世代なので、認知症になると仕事に支障が生じ、結果的に失職して、経済的に困難な状況に陥ることになります。また、子供が成人していない場合には、親の病気が子どもに与える心理的影響が大きく、教育、就職、結婚などの人生設計が変わることにもなりかねません。

若年性認知症の実態

 平成21年3月に厚生労働省の研究班から発表された調査結果によると、全国の若年性認知症の人の数は約37,800人であり、人口10万人当たりでは47.6人でした。これは65歳以上の認知症高齢者に比べるとかなり少ない数です。
 男性は人口10万人当たり57.8人、女性は36.7人と、男性の方が女性より多いことがわかりました。また、発症年齢は、平均で51.3歳であり、50歳未満で発症した人の割合は約3割でした。

原因となる疾患

 日本における若年性認知症では、図に示すように脳卒中(脳梗塞や脳出血)が原因である「血管性認知症」の割合が多く、約40%を占めました。一方、高齢者に多い「アルツハイマー病」は、若年性認知症では全体の約4分の1でした。その他、「頭部外傷後遺症」や「アルコール性認知症」などが多く、原因疾患が多様であることも若年性認知症の特徴です。

若年性認知症原因疾患内訳

認知症介護研究・研修大府センター
研究部 部長 小長谷 陽子

目次