• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

認知症について

DC博士のワン・ポイント

若年性認知症について

高齢者の認知症との違い

 若年性認知症は、高齢者の認知症と医学的にはほぼ同じですが、いくつかの特徴があります。1) 発症年齢が若い、2) 男性に多い、3) 異常であることには気がつくが、認知症とは思わず受診が遅れる、4) 初発症状が認知症特有のものでなく、診断しにくい、5) 経過が急速である、6) 認知症の行動・心理症状(BPSD)が目立つと考えられている、7)経済的な問題が大きい、8) 主介護者が配偶者である場合が多い、9) 親の介護などと重なり、重複介護となることがある、10) 子供の教育・結婚など家庭内での課題が多い、ことなどです。

医学的な観点

 特徴の第一は発症年齢が若いことで、まさに働き盛りに発症することになります。女性より男性に多いことも高齢者の認知症とは異なる特徴であり、そのために仕事に関することをはじめ、さまざまな課題が生じます。
 物忘れにより仕事でミスしたり、家事が下手になると、本人や家族は「いつもの自分とは違う」、「どうも調子がおかしい」ことには気がつきますが、これらの症状の原因が認知症であるとは思いつかず、受診が遅れる場合があります。また、認知症特有の症状がみられない場合には、認知症とは関係の少ない診療科を受診して、診断が遅れる可能性もあります。

家庭的な観点

 働き盛りで病気になり、休職や退職を余儀なくされることも多い若年性認知症は、すでに退職した後の年代で発症する高齢者の場合とは違い、経済的な問題が大きくなります。また、主介護者が配偶者に集中していると言われています。さらに、本人や配偶者の親世代の介護が重なると、時に重複介護となることもあります。配偶者の介護と親の介護が重なり、その上、家事や育児もこなさなければならない状況になってしまい、配偶者も介護のために仕事を減らしたり、場合によっては退職を余儀なくされるため、ますます経済的に困難な状況が深まり、介護の疲れ、病気や将来への不安など、本人も介護者も大きな負担を強いられることになります。

認知症介護研究・研修大府センター