• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

認知症について

DC博士のワン・ポイント

認知症Q&A~ここが知りたい認知症~

第一話:介護スタッフからの質問「虐待を予見したら」

質問

 利用者を迎えに行った際、家族の様子から虐待を予見した場合、対応としてケアマネへの連絡や包括支援センターへの連絡で対処しています。ただ、経過が分かりづらいこと、対応して頂く方の力量で意図していない結果になる場面があり心配です。

回答

 平成18年4月1日から施行されました「高齢者に対する虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」では、相談・通報等があった場合は、市町村もしくは、業務委託を受けた地域包括支援センターが中心となり、事実確認等や援助方針の決定等その後の支援を行います。そして、市町村は地域包括支援センターが構築する「高齢者虐待防止ネットワーク」を活用し、関係機関・団体等と連携協力し、虐待を受けた高齢者や養護者等に支援を行うことになっています。
 この法律は、高齢者虐待の防止だけではなく、『高齢者の養護者に対する支援等に関する法律』(一部省略)でもあります。そのため、支援を進めていく上で、介護サービスの提供者が、地域包括支援センターやケアマネジャー等とのネットワークで連携し、介護サービスの調整のほか、家族に対して介護の方法や、認知症に関する知識及び対応方法などのフォローを行っていく必要がある場合もあります。

 なお、質問にあります「経過が分かりづらいこと」が、市町村(委託を受けた、地域包括支援センター等含む。以下、高齢者虐待対応協力者)へ通報した後の経過が分からない事を指しているのであれば、市町村並びに高齢者虐待対応協力者には守秘義務が課せられていますので、情報が届いてない事も考えらます。但し、「正当な理由なしに、(中略)知り得た秘密を漏らしてはならない」となっていますので、必要に応じて経過を確認して、関係機関の連携に努める必要があるかもしれません。
 また、対応する人の力量が問われることは確かにありますが、現在はそのような立場の方に対して、全国的に研修が実施されています。

認知症介護研究・研修仙台センター