• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

災害関連情報

仙台センターからみなさまへ

認知症介護研究・研修仙台センター
[平成23年03月26日掲載]

今回発生した東北地方太平洋沖地震では、地震と津波で多くの尊い命が失われました。無念でなりません。心から哀悼の意を表したいと思います。またご家族やご親族を失われた被災者の方々には心よりお悔やみ申し上げます。

 被災地で働く指導者をはじめとする実践者の皆様は、自分の生活を犠牲にしてまで、献身的にケアにあたっておられます。福島原発の事故において、特に福島の実践者の方々は、我が身を危険にさらしながら必至に利用者の方々の命を支えております。指導者掲示板を見るたびに胸が締め付けられる思いです。頭が下がる思いという言葉があまりにも軽々しく思えてなりません。

被災地でもある仙台センターは、幸いにも人的被害はなく、スタッフも可能な限り出勤して情報収集に当たっております。東北6県の指導者の方々の安否は、世話人の方々に確認をしていただき、現在指導者として活動している各県指導者全員の無事を確認することが出来ました。

今後は実践者の方々に役立つ情報の発信と、被災者支援を最重要課題と考え、指導者の方々と力を合わせて取り組んでいきたいと考えております。指導者の方々もぜひさまざまな情報をお寄せください。そして必要と思われる支援方法についてご意見をいただければと思います。

最後になりますが、これまで多くの方々からのお見舞いの言葉をいただきました。皆様からの暖かい言葉が大きな励みになります。本当にありがとうございました。

認知症介護研究・研修仙台センター
センター長 加藤伸司