• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

相談先リンク

介護の資格と仕事

介護福祉士【国家資格】

高齢者や障害者の生活をサポートするケアワーカー

介護福祉士は、身体や精神の障害があることにより日常生活を営むことに支障がある人の心身の状況に応じた介護を行い、またその人やその介護者に対して介護に関する指導を行う専門職の国家資格です。
職種の具体的なものとしては、福祉施設では、老人ホームや障害者支援施設などの介護職・ケアワーカー、在宅サービスでは、高齢者や障害者の「訪問介護員」などがあげられます。
資格をとるには、筆記及び実技試験を受ける方法と、専門の養成施設で学ぶ方法があります。

介護福祉士の資格・仕事内容
別名、ケアワーカーとも呼ばれる介護福祉士は、日常生活を営むのに支障がある高齢者や障害者の、食事や入浴、排泄移動など、さまざまな場面でサポートを行います。また、専門知識を生かして介護する家族やホームヘルパー(訪問介護員)の も介護福祉士の重要な仕事です。常にサービス利用者の生命の安全と人権の尊重を踏まえ、的確な介護を行う一方、本人の残存能力をできるだけ引き出して自立 支援するとともに、関係機関との連絡・調整に努めることが求められます。介護のプロとして認められる確かな資格だといえます。
介護福祉士の仕事の将来性
介護福祉士は就職面では介護福祉の第一線のリーダーとして期待される資格です。将来的にケアマネージャー(介護支援専門員)も取得しておきたい資格です。
高齢化、核家族化の進行によって家族だけで介護をすることが難しくなり、介護をプロの仕事として頼むニーズは高まっています。また介護保険制度の普及により、介護職にはますます専門性が求められ、この有資格者の重要性は増しています。

詳しくは「福祉のお仕事」ホームページをご覧ください。