• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

相談先リンク

介護の資格と仕事

介護支援専門員

介護支援専門員とは、介護保険法に定められた公的資格「介護支援専門員」を持って、老人ホームや病院などに従事する担当者のことを指します。仕事内容は、要介護者やその家族の相談に乗って適切なアドバイスをおこなったり、介護保険利用者の希望や状況を考慮して最適なケアプランを作成し、その実現のために関係機関や関係者との連絡・折衝をおこなうなど、主として介護保険利用者が自立した日常生活を営むことができるようにサポートすることです。また、介護保険事務をおこなうケアクラークや介護職スタッフへの指示や指導などの管理業務も介護支援専門員の仕事です。一般的にケアマネージャーや略してケアマネと呼ばれることが多いですが、資格名と同じ「介護支援専門員」が正式な名称です。

介護支援専門員の資格・仕事内容
介護保険制度において、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成機関)、および介護保険施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、療養型病床群等)において、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職です。また、市町村から委託を受けた場合には、要介護認定のための調査を実施することも職務となっています。
介護支援専門員は、保健・医療・福祉の各種専門職及び実務経験を有する者の中から養成するという考え方で、下記の資格と実務経験の要件を満たした場合、実務研修を受講するための試験を受けることができることとなっています。
(実務経験要件)
要援護者に対する相談・援助業務または介護サービス等の直接的な援助である業務に原則として5年以上または10年以上従事した経験のある者
(資格等の要件)
1.次にあげる資格取得者(実務経験5年以上)
医師、歯科医師、薬剤師、保健婦・士、助産婦、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士(管理栄養士を含む。)、義肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、精神保健福祉士
2.法令等に基づいて相談・援助業務に従事する者を配置することとされている施設や事業において当該業務に従事する者(実務経験5年以上)
 (1) 施設等に必置とされている相談援助業務に従事する者
 (2) 法律に定められた相談援助業務に従事する者
 (3) 相談援助業務に従事する者であって、社会福祉主事任用資格または訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修二級課程に相当する研修を修了した者
 (4) その他  ※施設長等
介護等の業務に従事する者※
社会福祉主事任用資格または訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修二級課程に相当する研修を修了した者は実務経験5年以上
※上記以外は、実務経験10年以上

詳しくは「福祉のお仕事」ホームページをご覧ください。