• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

相談先リンク

介護の資格と仕事

訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修修了資格

ホームヘルパーは別名訪問介護員ともいい、その名の通り、高齢や障がいのために日常生活を送ることに不自由がある人の自宅を定期的に訪問し、介護サービスをおこなう職種を指しています。ホームヘルパーがおこなう介護サービスは、食事や入浴などを介助する「身体介護」と、掃除・洗濯、調理などを介護利用者に代わっておこなう「生活援助」の2つです。もちろん、これらの介護サービスの間に、話し相手になったり相談に乗ってあげたりすることもホームヘルパーの重要な役割です。また、ホームヘルパーの資格や経験を生かして、福祉施設などで介護スタッフとして働くこともできます。この場合は身体介護の仕事が中心となるようです。

訪問介護員(ホームヘルパー)の資格・仕事内容
介護保険制度や障害者自立支援法に基づくホームヘルプサービスに従事する訪問介護員は、国の定めた訪問介護員養成研修を修了していることが義務づけられています。
(2級課程)
 訪問介護員が行う業務に関する知識及び技術を習得することを目的として行われます
(1級課程)
 2級課程において習得した知識及び技術を深めるとともに、主任訪問介護員が行う業務に関する知識及び技術を習得することを目的として行われます

詳しくは「福祉のお仕事」ホームページをご覧ください。