• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

相談先リンク

介護の資格と仕事

理学療法士(PT)【国家資格】

病気やけが、老化、過度の運動などによって身体機能に障害をもった人に対し、筋力を増強する運動療法や温熱・電気などの物理療法を施して、基本的な運動能力の回復を図るリハビリの専門家のことを理学療法士(P T :Physical Therapist)といいます。

理学療法士(PT)の資格・仕事内容
理学療法士(PT/physical therapist)は、何らかの原因で身体の機能に障害をもった人に、工作や手芸などの作業、生活動作の訓練などを通じて、機能の回復や機能低下の予防を図ります。 食事や洗面などの日常生活動作訓練、職業に向けての作業訓練など、幅広い援助が行われており、リハビリテーションの専門医や、ケースワーカーなど、他の専門職との連携も重要です。
理学療法士の資格試験(国家試験)を受験して資格を取得します。同試験の受験資格を得るためには、国から理学療法士養成施設の認可を受けた学校(大学・短大・専門学校)で必要単位を修得しなければなりません。これまで、理学療法士の就職先は医療機関が大部分を占めていましたが、社会の高齢化が進むため、今後は老人保健施設をはじめとする福祉関連施設からの求人の増加が見込まれ、福祉分野への就職の割合が増えていくことが予想されます。

詳しくは「福祉のお仕事」ホームページをご覧ください。