• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

相談先リンク

介護の資格と仕事

作業療法士(OT)【国家資格】

作業療法士(OT)は、さまざな原因によって身体や精神の機能に障がいを持つ人に、食事や洗面、入浴といった日常生活の基本動作や、工作や手芸、園芸といった軽作業の訓練を通じて、身体機能の維持・回復をサポートする、リハビリテーションの専門職です。作業療法士がカバーする障がいの領域は、発達障害(主に先天性の障害)・身体障害(事故・病気による障害)・精神障害(主に精神疾患)・老年期障害(主に高齢による身体機能低下・疾患)の4つに分けられ、対象となる領域ごとに施設が違い、作業療法士が用いる療法も異なります。

作業療法士(OT)の資格・仕事内容
作業療法士は国家資格で、高校卒業後、作業療法士養成校において3年以上専門知識や技能を修得したのち、国家試験に合格することが必要です。養成校は、4年制の大学、3年制の短期大学と専門学校などがあります。
職場は、社会福祉の分野では肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、身体障害者療護施設、重度身体障害者更生援護施設などへの配置が規定されているほか、特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンターなどの老人福祉施設でも施設によって配置している場合があります。このほか、病院やリハビリテーションセンターなどの医療分野が主な活動領域です。

詳しくは「福祉のお仕事」ホームページをご覧ください。