• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

相談先リンク

介護の資格と仕事

管理栄養士【国家資格】

管理栄養士は、食を通じて人びとの健康の維持・増進に寄与する食のスペシャリストです。例えば、学校給食では子供の成長に配慮した献立を、病院給食では患者の病状を考慮した献立を、福祉施設の給食では利用者の健康状態や嗜好に合わせた献立を、理想的な栄養バランスを考えながら作成したり、スポーツクラブなどの健康増進施設においては健康な身体づくりのためのダイエット指導をおこなったりしています。また、医師と連携して患者の食生活改善指導にあたったり、保健所で栄養の講習や相談をおこなうなど、予防医療の専門家として活躍しています。

管理栄養士の資格・仕事内容
管理栄養士になるためには、まず「栄養士の資格を所持していること」が前提となります。管理栄養士は毎年1回実施される「管理栄養士国家試験」に合格しなくてはならなく、管理栄養士国家試験の受験資格は次のように規定されています。
1.修業年限が2年である養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後厚生労働省令で定める施設において2年以上栄養の指導に従事した者
2.修業年限が3年である養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた後厚生労働省令で定める施設において1年以上栄養の指導に従事した者
3.修業年限が4年である養成施設を卒業した者
従来は学校や病院、企業(給食産業など)が管理栄養士の標準的な就職先でしたが、近年は健康志向や高齢化の影響によって、スポーツクラブや福祉施設からの求人が急増。特に福祉施設への就職の比率が高くなってきています。

詳しくは「福祉のお仕事」ホームページをご覧ください。