• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

相談先リンク

介護の資格と仕事

精神保健福祉士

精神障害者の保健や福祉についての専門知識・技術に基づき、精神障害者の社会復帰についての相談援助を行う専門職の資格です。
従来、PSW(Psychiatric Social Worker)の名称で相談業務にあたってきましたが、1998年4月よりこのPSWの業務に該当する国家資格として、精神保健福祉士の制度がスタートしました。
主な職務内容は、精神障害者の社会復帰のための相談、退院後の住居や再就労の場の選択等についての助言・指導、日常生活への適応のための訓練とされ、その業務の対象者は、精神病院、精神科デイケア施設に入・通院中の精神障害者、精神障害者復帰施設に入・通所している精神障害者、地域において生活する精神障害者のうち、未だ医療施設への適切な受診に至っていない精神障害者が想定されています。
精神保健福祉士の活躍する職場は、精神病院その他の医療施設、保健所等です。社会福祉分野では、精神障害者の社会復帰施設(精神障害者生活訓練施設、精神障害者授産施設、精神障害者福祉ホーム、精神障害者福祉工場、作業所等)、が考えられます。

社会福祉士と同様に、試験を受け合格することが必須となっています。
試験を受けるまでの要件、コースは次の図のとおりです。
精神保健福祉士指定養成施設(専門学校)のほかに、精神保健福祉士の指定科目を履修できる大学・短大は、社会福祉士のコースをもっている学校や、理学療法士などの保健医療系の学校を中心にして各地に設置が進んできています。また、一般大学卒業などの方が入学できる精神保健福祉士養成施設(専門学校など)も徐々に増え、通信教育課程も開設されています。

詳しくは「福祉のお仕事」ホームページをご覧ください。