• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

相談先リンク

介護の資格と仕事

視能訓練士【国家資格】

視能訓練士は、見る機能(視能)に障害をもつ人に、機能回復のための視機能検査と視能矯正訓練を行う専門職で、国家資格です。
斜視や弱視などの視能障害の治療には、長期間にわたる矯正訓練が必要になります。 視能訓練士は、医師が診断治療を行うための基礎検査を行い、医師と相談のうえで訓練プログラムを作成し、各種光学機器を使って矯正訓練を行います。
また、視能障害は早期発見、早期治療が大切なため、乳幼児に対する検査、診断に重点がおかれていますが、高齢社会に向け、老化や糖尿病などで視力の低下した人に対するリハビリテーション指導も増えてきています。
視能訓練士の職場は、多くが病院やリハビリテーションセンターなどの医療機関です。
保健所、学校などにも勤務している場合があります。

視能訓練士資格を取得するには、大学、養成校などで視能訓練士として必要な知識及び技能を修得し、国家試験を受験して合格することが必要です。
高校卒業の場合は、3年制以上、大学・短期大学または看護師や保育士の養成校で指定科目を履修して卒業した場合には1年制以上の学校で学ぶ必要があります。

詳しくは「福祉のお仕事」ホームページをご覧ください。