• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

研修情報

認知症地域支援推進員研修

[平成29年2月16日更新]

認知症地域支援推進員とは

 認知症の人が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるためには、認知症の容態の変化に応じすべての期間を通じて必要な医療・介護等が有機的に連携したネットワークを形成し、認知症の人への支援を効果的に行うことが重要です。
 このため、市町村ごとに、地域包括支援センター、市町村、認知症疾患医療センター等に認知症地域支援推進員を配置し、認知症疾患医療センターを含む医療機関や介護サービス及び地域の支援機関の間の連携を図るための支援や、認知症の人やその家族を支援する相談業務等を行います。

推進員の活動

 推進員活動は、それを通じて市町村のめざす姿に近づくことを目標としていますが、それは国がめざす「新オレンジプラン:認知症高齢者等にやさしい地域づくりの推進」の一環であり、かつ地域包括ケアシステム構築の一助となるものです。この「新オレンジプラン」では、認知症地域支援推進員を2018(平成30)年度から全ての市区町村で実施することを目標にしています。

研修の実施主体

 社会福祉法人浴風会 認知症介護研究・研修東京センター(東京センター)
 (推進員の資質向上等の取組みを支援するための選択肢として、東京センターによる研修が厚生労働省から示されています。)

研修対象者

 研修対象者は、市区町村において推進員として配置が予定されている者、及びすでに配置されている者(推進員としての経験年数を問わず)であり、以下のいずれかの要件を満たした者です。
①認知症の医療や介護における専門的知識及び経験を有する医師、保健師、看護師、作業療法士、歯科衛生士、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士。
②上記①以外で認知症の介護や医療における専門的知識及び経験を有する者として市区町村が認めた者(例:准看護師、認知症介護指導者養成研修修了者等)

【受講申込に関するお問い合わせ先】
研修受講は、各市区町村の推進員配置状況に応じて、都道府県で取りまとめて申し込むことになっています。受講希望の方は、勤務先、勤務先のある市町村・都道府県の認知症施策または地域包括ケア担当部署等へお問い合わせください。
【研修内容に関するお問合せ先】
認知症介護研究・研修東京センター
東京都杉並区高井戸西1-12-1 TEL: 03-3334-2173 FAX:03-3334-2718

参考資料

認知症地域支援推進員活動の手引き、認知症地域支援推進員研修で事例報告された各市町村の活動資料、受講者が使用する「活動計画シート」のフォーマットなどを掲載しています。

①「認知症地域支援推進員 活動の手引き」
 活動の手引き、活動事例集、資料を掲載しています。

②「認知症地域支援推進員研修で報告された活動事例報告資料」
 研修各回で報告された全国各地の活動事例報告資料を掲載しています。皆さまの地域での支援活動の参考にしてください。

③「認知症地域支援推進員研修 活動計画シート」(研修を受講された方へ)
 研修受講後にご自分の地域に戻られてから計画を立てられる場合、こちらのフォーマットをお使いください。